俺の名はトラシュカ。
アストルティアでも超有名なトレジャーハンターだ。
なに?聞いたことがない?
まあ、有名だったのは1,000年ほど前の話。
忘れられちまっても仕方ねぇな。

俺がよく出かけたのは、海の向こうの未踏の島々だ。
そこには古代文明の遺跡や未知の国や集落が、
俺の到着を待ちわびていたんだ。

俺はボロっちいけど頼りになる相棒の帆船に乗り込み、
世界中を旅して回ったものさ。
1
ただ、いつでもお宝に巡り会えるとは限らねえ。
どっちかといえば空振りがほとんどだ。
そんなときに手ぶらで帰ってきてたんじゃ、
いつまでたっても貧乏暮らしから抜け出せない。
次の航海費用にも事欠くことになっちまう。

そこでかしこい俺様は考えた。
ついでに商売も兼ねちまおうってね。
何も高価なものを扱う必要はない。
むしろ逆でありふれた日用品がいいんだ。
タライとか傘とかそんなもんだ。
2
もちろん、行った先の集落でもタライや傘はあるよ?
でも、見知らぬ国のタライってだけで
興味を持ってくれる人は大勢いる。

中には傘がまったく普及してない集落だってある。
ほとんど雨が降らないような土地だ。
そんな時は日傘だっていえばいいんだ。

木の下に開いた傘を逆さに置いて、木を揺らす。
そうすると落ちてきた木の実が傘に入って簡単に集められる。
要は大切なのはアイデアだ。
むしろありふれた品物の方が何にでも使えるし、
どこでだって売れる。

俺はそんな日用品の貿易とトレジャーハントで大儲けしたのさ。

俺の船はどんどん大きくなっていった。
大量の荷物を詰み込む必要があるからな。
乗組員も増えていった。
船がでかくなりゃ、船乗りも増える。
船乗りが増えれば料理人だって必要だ。

とくにうちの料理人は優秀で、
いろいろ見たことのないものを作ってくれた。
絶品だったのは、オデンという東洋の食べ物だ。
大鍋で作れるので大食いの船乗りたちにも人気だった。

そんな感じで俺の商売は順調だった。
俺ももっともっと儲けたくてどんどん欲の皮が突っ張っていった。
考えてみればそれがいけなかった。
何でも程々が大切。命あってのことだったのさ。
4
ある日の航海。
天気もいいし、雨雲も見当たらない。
俺は何にも警戒せずに昼寝してたんだ。
そしたら、急に甲板が騒がしくなってきやがった。
何だと思う?
でっかい竜巻が船に向かってきてたんだ。

嵐なら予兆があるからまだいい。
でも竜巻の予想はほとんど不可能だ。
よりによってなんでぇ、この大きさは!

巨大竜巻は見る見るうちに迫ってきて、
あっという間に船を飲み込んだ。
船はたちまちバラバラ。
船倉に積み込んだタライやお宝、夕飯のオデンも全部空に舞い上がった。

俺も散々竜巻にいたぶられたが、なんとか生き延びた。
船の残骸の上で、命が無事だったことを感謝した。
でも、ダメだなぁ、俺ってやつは。
命の心配がなくなると、たちまち欲の皮が突っ張り始めた。

失っちまった荷物が惜しくてしょうがなくなってきた。

そしたら、どうしたことだ!
空からお宝が降ってきたじゃないか!!

竜巻が空に舞い上げたお宝が降ってきたんだ。
俺は狂喜乱舞したね。
少しでも損害を取り戻そうと、
船の残骸の上で落ちてくるものを必死で拾い集めた。

落ちてきたのはお宝だけじゃない。
荷物のタライや傘、夕食のオデン、そこらの海の魚たち。

ついでに海のモンスターまでも!

これは拾っちゃならねぇ!
思ったときはもう手遅れさ。
爆弾岩が爆発して、俺はふっとばされて海の中。
せっかく拾った命を自分の愚かさで放り出しちまったんだ。
5
その後俺は、亡霊となって海に留まり続けた。
大きな水平線を見ながらボーッとするだけの毎日だ。
たまに通りかかる船にイタズラをするのが唯一の楽しみだ。

船にいろんなお宝やオデン、魚、モンスターを落としてやるんだ。
大抵のやつはモンスターに吹っ飛ばされておしまいだが、
中にはうまくお宝を持ち帰る奴もいる。
でも、持ち帰ったお宝には呪いがかけてあるのさ。

拾ったお宝を持って、上陸しようとすると呪いが発動。
足を滑らせて海に落ちて、溺れて死んでしまう。
ひどい呪いだろう?
俺の大事なお宝を渡すなんて真っ平ごめんさ。

ところが、最近はずる賢い奴がいる。
バルバトスって奴だ。
あいつは、自分ではお宝は拾わない。
他の冒険者が拾ったお宝を回収して儲けてるんだ。

俺の呪いは、
「宝を拾った奴が宝を持って上陸するとき」に発動する呪いだ。

拾った奴と上陸する奴が別々じゃあ、呪いが効かない。
なんてぇ、ずる賢い奴だ。
亡霊を騙すなんてトンデモねぇ。
3
俺のお宝と交換で、
浮き輪とかイカ焼きとかを渡してるらしいが、
俺のお宝の価値はそんなもんじゃねぇ。
それなのに騙されて航海にでる冒険者が後を絶たないとは
何とも情けない話だ。

バルバトスのおかげで俺のお宝ももうすぐ在庫切れ。
亡霊になってもお宝だけは手放さなかったのに、
亡霊になって破産するとはなぁ。
まったく世知辛い話だ。

騙されて なお届かない 金のイカ
ハイスコア7万ポイントのうー川柳

net