ねえねえ、バトンちゃんの顎にはどうして線があるの?
1
はっ!
誰かと思ったらウールーズたまぁ。
こ、こんなところで、ど、どうしたのかなぁ??

こんなところって・・・。
ここわたしの家の前ですけど。
わたしの家にバトン回しにきたんじゃないの?

それにバトンちゃんって家の住人にしか姿見えないんでしょ?
わたし以外に話かける人なんていないに決まってるじゃない。
あれれ?
もしかして、バトンちゃん動揺してるのかなぁ?

ど、動揺なんかしてないよお?
バトンはいつもかわいいみんなのアイドルだよお?

ふーん・・・。
それで顎の線はなあに?
なんだかファスナーみたいにも見えるんだけど。
2
ふ、そこまで見破られてしまっては仕方がない。

口調変わった!バトンちゃんの口調が変わった!!

アストルティアのあちこちの住宅村で
バトンちゃんが同時に現れるのを疑問に思ったことはないかい?
実はこの姿は、アストルティア商工会が開発したバトンスーツ。
中にはかわいい「ピー」が入っているのだよ。

なんかピー音が入った!肝心なところでピーが入った!!

バトンスーツの存在がバレたとはいえ、
さすがに中に「ピー」が入っているのはバラせないということか。
さすが商工会のテクノロジーを尽くしたバトンスーツ。
「ピー」の秘密を自動で隠す機能がついているようだな。

そんな機能つけるくらいならファスナー隠す機能つければいいのに。

残念だがウールーズくん。
君の家に幸せのご近所バトンが回ってくるのは今日が最後だ。
「ピー」は知られていないといえ、
バトンスーツの存在を知られたからには、もう来ることはできない。

何も知らずにかわいいバトンちゃんの相手をしていればよかったのに。

なお、この秘密を他者にバラすとその相手にもバトンが来なくなるぞ。
くれぐれも注意したまえ!
では、さらばじゃ!ハーッハッハッハッハッハッ・・・・。

最後まで読んでしまいましたね。
これであなたも共犯者。
円環のバトンに戻ることはもうできません。

世の中には見てはいけない、知ってはいけないものがある。
バトンちゃんのファスナーはその1つだったのです・・・

よく見ると 前髪下も 線がある
秘密のバトン川柳・・・・

net