ギューーウン!
1
おお、今日も華麗に舞ってますね。
ウールーズさんのサイクロンアッパーです。
本来得意な職は、
魔法使いや僧侶といった後衛職のウールーズさん。

なのに、サイクロンアッパーには
並々ならぬ情熱を注いでおられます。
一体その原動力はどこからくるのでしょう。
いかがですか?ウールーズさん。

簡単なことですよ。
見た目が派手だからです。
しかも、発動が早いサイクロンアッパーは撮影も難しい。
それも戦闘写真愛好家の挑戦魂に訴えるものがあるんです。
2
例えばこの1枚。
サイクロンアッパーの初動時の写真です。
サイクロンアッパーの写真は大抵、
回転時の写真になりやすい。
それは、もっとも見栄えのする場面であることも理由だけど、
動きが早く、それ以外を捉えるのが難しいからなんです。

決めてやるぜーっという気合が見えるこの1枚。
最近の自信作です。
3
もちろん、回転中の1枚は見所だから欠かせません。
この写真はあえて回転中の全身を捉えずに、
パーティーの戦士殿も構図に捉えました。
いかに高く宙を舞っているかがわかります。

そして、宙を舞っている最中でも
視線は鋭く敵を追っています。
回転怖い、高いの怖いからといって目をつむっていないところ。
さすが戦う女性です。

はああ、そういうものですか。
4
えーっとこちらは着地の瞬間ですね。

そうですね。
手を高くあげているところが注目点ですね。
技の発動時に、手を後ろから大きく振り上げていましたね。
つまりサイクロンアッパーの回転力は、
大きく手を振り上げることで得られているんですよ。

なるほど。そのように多大なエネルギーを使うから、
CT技なんですね。
でも威力がイマイチという評判もありますね?

それは重力に逆らって攻撃するのだから、
しょうがないんじゃないかな。

サイクロンアッパーの本質はロマンです。
例えばマダンテ。多くの場合は大した威力にならない。
でも打ちたがる魔法戦士は多い。
そこにロマンがあるからです。
戦いの本質は勝つか負けるかではない。ロマンなのです。

ははあ、そういうもんですか。
では、最後の質問ですが、
他にロマンを感じてらっしゃる技はありますか。

うーん、天地雷鳴士も面白そうですね。
ただ、派手なだけでなくてインスタ映えも大事なんです。
これからはインスタ映えを意識した戦闘写真を
撮っていきたいです。

はい、ありがとうございました。
流行り物に乗りやすいウールーズさんでした。

では本日の一句です。
戦闘の 流れ断ち切る 無駄助走
どうやらチームメイトからは評判悪いうー写真