ドラクエ10居残り組ブログ

カテゴリ: 挑戦、居残り組!!

ドラクエ10には16も職業があります。
これだけあると、全てを極めるなんて無理な話。

スキル振りができない、装備を持ち切れないなど
システム的な制限が大きな原因。
運営のさじ加減で使いにくくなった職業や、
なんとなく好みでない職業、
やってみたけど苦手な職業などを
切り捨てることになります。
5
わたしは前衛職をほとんどやってません。
いま唯一装備、スキル振りで出せるのがまもの使い。
相変わらずイカ通いしては返り討ちされてます。

でも、このまもの使い。
本格的に前衛で使うかどうかはさておき、
えもの呼びのおかげで、
多くの人に使われる職業にもなっています。
唯一無二のとくぎの大切さが身にしみます。

唯一無二系でいえば、ダントツなのが占い師。
タロットという他にはない技を持ち、
攻撃、補助、回復を全部こなす万能職。
やり込めれば、ドラクエ10最強かもしれません。

ただ大きな欠点がひとつ。
タロットカード作りが大変。

ということで(ここまで前振り)、
タロット魔人に行ってきました。
1
持ち寄って6周です。
実は初めての魔人強でした。
なんかみんな心頭滅却を使うので、
そうだよねー、当然だよねー、みたいな顔で使っておきます。
2
わたしは占い師登場時に作った、
しにがみわたぼうが最強のカードです。
魔王のいざないもスキルは振ってますが、
使っても何のカードもいざなわれません。

とにかく手札の攻撃カードをどんどん使うだけ。
隠者とか塔とかそういうのです。
いっそ手持ち全部しにがみにしたいくらいなんですが、
そうもいかないので、月とか太陽とか審判も混ざってます。
攻撃の手が止まってもどかしい。
3
面倒だ、殴ってしまえ!
タロットカードがメインの占い師ですが、
実は4種類もの武器が装備できます。
それなら物理ファイターでもいいじゃない。
4
タロットパックはビースト、デビル、スライムがいっぱい。
いつのまにそんなに増えたのか・・・。
合成も一旦置いていかれるとなんだか面倒になりますよね。

ということで、しにがみわたぼうとムチ。
これでまだまだ頑張る予定です。

今日の一句
迷宮も 今は魔法の一本道
昔は迷ったこともあったのにと、うー川柳

net

まだバトルロードに参戦してません。
主力メンバーをまとめて転生させたら、
中々育たないという罠。

牧場だけでなく、連れ歩いたらあがるかしらと
ドラキーくんを連れて日替わり天魔へ。
1
つうこんが怖い天魔なので、ムチのスパークショットがお役立ち。
そのまま持ち替えずにメラゾーマ。
ドラキーのおかげで、ムチでも早詠みがかかります。
2
ムチでマヒャデドスも新鮮。
この勢いでピラミッドに乗り込みましょう。
3
昨日うっかり、1と2を終わらせてしまったので
3〜9へ挑みます。

ピラミッドの目標といえばアンク作り。
使う職業によりますが、
アヌビス、セト、セルケト、オシリス辺りが定番かと思います。
このうちセトが中々完成しなかったのですが、
実は前日の欠片からの合成で完成してました。

あとはバステトとイシスのアンクが作りかけですが、
これはもう超気長でいいかなぁ?
ということで、居残り対象の週課から
ピラミッドを外してしまおうと決めました。

これで、来週から落第しにくくなる・・・・・・

4
道中では天然のゴルスラも登場。
まあ、6までは前菜みたいなものです。
5
霊廟の雰囲気が大きく変わる7以降は、
緊張感高まります。

最大の鬼門8霊廟も順調に。
ドラキーの早詠みのおかげで、
ムチラリホー、ムチヘナトスがよく決まります。
6
最後は9霊廟。
7
階段の上から、魔法が打てるかと思ったのですが、
途中までしか上がれないんですね。
今更気づきました。
8
実装当時は、こんな鬼畜なと思った8、9霊廟も
今ではサポで何となく終わっちゃいます。
楽になったなぁーと思う反面、ちょっと寂しさも。

ピラミッドの新装開店はあるのかないのか。
思い出多い場所なので、
なんとかリニューアルしてほしいなと思います。

そこで一句
来場者減って暇なり ファラオかな 
遊びに行くよとうー川柳

net 

3.5中期のメダマコンテンツの1つ、
ヒエログリフが終わりました。
7
新たな日課か?クイズに理不尽なものある!などなど、
2日目くらいまでは文句を言うつもりでやってたのですが、
だんだん楽しくなってきて昨日が6日目。
遅れてスタートしてるので、1日遅い終了です。

いろいろとピースも繋がり、納得の完結でした。
毎日ちょっとずつしかできないので、日課!?と思いましたが、
分割タイプのサブクエストですね。

サジェとリルチェラも今後の活躍を期待したいです。

さて。

3.5中期はほかにも色々メダマがあります。
中でも地味に喜んだ人が多いのが、
おまとめぶくろではないでしょうか。
大量のふくびきけん、SPふくびきけんを別収納できるふくろ。

おかげさまで、アイテム欄がすっきり1ページは空きました。
まあ、ほかのものですぐいっぱいになってるんですが。
そのおまとめぶくろの恩恵を満喫しようと、
行ってきました福の神。
1
すごろく、レアボスに続く町内会ツアー第3弾です。
2
うちのご近所さん、とにかく色々とケタがおかしい人たちなので
福の神も何十周でも周ってそうです。
今回はわたしの手持ち分ということで、26周してきました。
3
26周もすると、
ふくびきけん600枚、SPふくびきけん300枚くらい増えます。
おまとめぶくろがなければ、荷物整理が大変ですが、
にもぱんの心配なく周回できてバンザイ。
4
早く他のものもおまとめできるようにしてほしいですね。
(未鑑定宝珠とかアクセ破片とか錬金石とか)

前日夜更かしというか明け方までイカに戦って眠いのですが、
リベンジしとかねばということでラストはイカに。
なんか相変わらずイカれてました。
6
避けたはずのショックウェーブが、真横を通過して茫然自失の図。
一応勝ちましたがわだつめなかったので、リベンジは続きます。

今日の一句
武器ガード 棍負けせずに福の神 ちょっとイラつくうー川柳
net




 

ハッピーゴールデンウィーク!
先日の1にゃーどに続いて、3にゃーどに行ってきました。
8
3ぐらいになると甘くみては勝てません。
1回負けてしまいましたが、2回目で勝利。
HPが赤になってからは、終始ドキドキしっぱなしでした。
れぐはおもしろいなー、と改めて感じます。
砂も集めたいし、機会を見て通いたいものです。

さて。

先日のニコニコ超会議でお知らせがあったプレゼントのじゅもん。
お受け取りになりましたか?
  • みんなでいかたいじ  竜牙石10個
  • まだまだおいわい   30周年記念フラッグ
  • しゅやくはもんすたー おためしレアカラー券
の3つがもらえます。

この中で特にうれしかったのが、レアカラー券。
なかまモンスターの見た目変更アイテムです。
誰に使おうかなーと考えたのですが、
やはりよく連れ歩くモンスターに使いたい。

ということで、踊るほうせきのおどるんに!
1
スイートバッグ色になりました。
宝石がくるくる浮いていたのですが、キャンディーが浮いてます。
2
色もピンクでかわいいですね。
でも、ちょっと気になることが・・・・。

それは盾装備。
ルフ盾を持たせてるのですが、ちょっと似合いません。
そこで!
ジャン!!
4
わかりますか?
クッキーの盾をショップで購入してきました。
購入っていっても、アマリリスポイントで交換ですけど。
5
扇はしょうがないとして、
これでスイーツいっぱいのスイーツバッグに変身です。
これでおどるんと一緒の金策が、
一層楽しくはかどりそうです。

そうそう、わたしも武器を買ってみましたよ。
まものでイカへ挑戦するための新しいツメ。
7
じゃーん。
あとはHP頭と幻惑身体下とみかわし足と・・・。

新おどるんと一緒に金策に励んでまいります!

ということで、今日の一句
しぶちんな盗み楽しむ衣替え 形からはいるうー川柳
net

なんとか僧侶で4イカを退治したけれど、
イカへの挑戦は続きます。

今度は別の職、できれば前衛でやってみたい!
イカの前衛といえば戦士が鉄板ですが、
強化されたツメが注目のまもの使いをやってみたいと思います。

なぜまもの使いなのか?
ひとことでいえば、一応慣れてるから、かな?
日々の盗み金策で大活躍のまもの使い。
使用時間だけでいえば、圧倒的です。

まあ、一番よく使うとくぎ、
「えもの呼び」はイカには効きませんが。 
ということで、実戦に投入されたまもの使いの勇姿をみよ!
1
天魔もふっとぶこの威力。
ツメ、思ったより強いぞ!
金策ではビッグバンで吹っ飛ばすくらいしか攻撃しません。

ウォークライのライガーで5,000くらいでした。
条件が揃えば、もっと上のダメージも狙えます。
これはロマンが広がります。 

ということで、ロマン求めて久しぶりの試練へ。
3
どうでしょう。この勇姿。
4
あんまり痛そうじゃありませんが、気のせい。
2
モーモンもふっとぶこの威力!
あまりの破壊力にチャージタイムが溜まる間もありません。
5
やまたのおろちもみるみるうちに赤くなる。
まもの使い、思った以上に強いみたいです。

日替わり討伐くらいならまだしも、
エンドコンテンツに挑むなら、動きの練習も必要です。
出番を増やしつつ、イカへも挑戦していきたいです。
とりあえずは装備を揃えなくては。
6
この話が今回だけで終わるのか、続きがあるのか。
方向(咆哮)が注目されます。まものだけに。

今日の一句
咆哮で ええもの呼ぼう 魚(うお)くらい 
お粗末なうー川柳

net 

このページのトップヘ