ドラクエ10居残り組ブログ

タグ:トコイカ

日曜日、週課の更新。
木曜日がバージョンアップなので、
報告はそれから、というのがセオリーでしょうか。

いいえ、こんなところで急いでも仕方がない。
居残り勢は普通に報告です。
1
週討伐はモヒカント20匹。
5匹ずつ、盗みながら討伐したら幻獣の皮が4つも取れました。
急がば回ればいいこともあるのです。

さあ、追い込みにもならない経験値稼ぎは領界討伐。
2
ザクザク狩っていると久しぶりのフレさんより、
イカのお誘いがありました。
慣れてるとはいえ、集中してやってると飽きます。
イカのお誘い大歓迎。

でも、久しぶりすぎて緊張します。
パーティーの他の方も言うまでもなく初対面。
恥ずかしいところを見せるわけには行きません。

出動前の装備点検、宝珠点検も念入りに。
ちゃんと回復魔力宝珠をあげて、雷耐性もアップ。
雷耐性100%僧侶で出動です。

勝負が始まっても緊張は続きます。
うっかりパーティーがやられてしまうと、
せっかく呼んでくれたフレさんにも申し訳ない。

スーッと深呼吸。
落ち着いて僧侶のお仕事を思い出し、着実にこなします。

相手はイカ2ですから、そうは苦労しません。
僧侶としての大きなミスもなく、無事勝利です。
こんなに安定したお仕事は久しぶりな気がします。

はて、ただ残念なことに写真を1枚も撮ってません。
もしかしてお仕事がうまくいったのは、
写真を撮らなかったせいでしょうか。
確かに、いい構図を狙ってカメラをぐいぐい回すので、
よそ見し放題になるのは否めません。

特に僧侶は動きが少ないので、
カメラ回しは一層大胆になります。

写真0とミス限りなく0。

ウールーズは考えるのを止めた。

そして領界討伐でちょっと足りなかった経験値の補充に
強戦士の書を開くのであった。
3
躍動する攻撃モーション。
4
普段気づかない表情。
これこそが戦闘写真の醍醐味。
右手に叩き落されることなんて大した問題ではありません。
5
生き生きとした軌道を描くタナトスハントの毒の刃。
6
宙を狩り、敵を狩る。
この楽しさはプライスレス。

でも、今度からちょっとだけ弁えて写真を撮ろうと思いました。

フレームが 捉えぬ耐える パーティーか
いつもご迷惑おかけしてるうー川柳

net

※本記事の元になったウワサはただのウワサでした。
詳しくはコチラ


アラもう聞いた?誰から聞いた?
オーブの香水のそのウワサ
強ボスオーブが手に入る、便利で役立つアイテムで
わだつみのしずくが確実にドロップするって!

だけど残念、それはワナ。
うっかり使ってしずくをゲットしちゃうと
不具合の不正利用でBANされちゃうって、
アストルティアではもっぱらのウワサ!
キャーコワイー!

なんてウワサの真実を確かめるため、イカに行ってきました!
1
プクリポ姿で。
別にBANが怖くて変装したわけではありません。
ハロウィンイベントのお楽しみです。

この日のイカは強さ2。
ウワサを確かめるにはちょうどいい強さです。
1飯30分にオーブ香水プチがちょうど30分。
3回ほどノシイカにしちゃいましょう。
2
構成は戦士、まもの、占い、僧侶と安心型。
わたしは僧侶で安定のベホマラーマシンです。
3
プクリポでやりにくいかなーとも思いましたが、そうでもなく。
変装だと視点高さは変わらないのかな?
とくに違和感なく動けてました。

オーブの香水を使うと
わだつみのしずくなどの常闇アイテムが出るウワサ。
なんかまーえにも聞いたことがあってデマと断定されてたような。
でも、デマという話がガセという話みたいです。

オーブの香水の使用はリーダーだけでいいのか、わかりゃんので
贅沢に行ってみようと全員で使用。
万一古いと効果がないなんて言われても困るので、
ワザワザSPふくびきで入手しなおしました。
4
さーて、その結果は・・・。

3戦して、
レグナライト1、わだつみのしずく、レグナライト1でした。
最近のちいメダ率と比較すればマシになってる?
本当は効果100%なのに、
我々の呪いで1つしかゲットできなかったのかも。

ということで、オーブの香水の効果は
あるかもしれないし、ないかもしれないという結果に。
5
もし、オーブの香水を使うなら
出ない呪いがかかってないメンバー選びの方が大事かも。

ひさしさに 喜び忘れる しずくかな
こんなときどんな顔をしたらいいのかわからぬ
うー川柳

net

一応毎日アストルティアには行ってますが、
イン時間は短くなりつつの居残り組です。

ピーク時は1日2〜3時間遊んでました。
でも最近は1時間くらいかなぁ。
だらりと遊んで、ぬるりと落ちる。
ゆるゆるテンションでぼんやり過ごす。

日々そんな感じです。

たまーに常闇やらコインボスもやってましたが、
レベル差と腕力でねじ伏せる、そんな勝ち方ばかり。
これでは厳しい戦いにはついていけない可能性が!?
2
そんな漠然とした不安に、
はっきりと自覚が生まれたのが昨夜のイカ。
1イカなんて、好きな職業で烏賊即斬のはず。
3
なのに、敵を前にして体力真っ赤。
息も絶え絶えになっているのはホワイ?
4
壁際でやいばのぼうぎょ。
幸い耐えてますが、
端っこに追い詰められて回避できないこと多数。
(威圧とか威圧とか威圧とか)

できれば周回とかも目論んでいたのですが、初回憤死。
全然壁やタゲ確認ができていない自分もどかし。
5
攻撃に夢中で、イカのフキダシを見逃すこと数知れず。
まもの使いなのにHPリンクを忘れること常時。
6
うーん、これはかなりイカんぞ。
イカの足より味方の足をひっぱりまくりの
『ダメまもうー』でした。

2回目はなんとか勝ちましたが、わだつめず。
きっと常闇の神様の機嫌を損ねたにちがいにゃい。
7
来るバージョン4のため、
そのうちくる新常闇シリーズのため、
錆びた爪を磨きなおさねば!

強いサポ 頼り甘えて 鈍る腕
でもそれが心地よいうー川柳

net

いつ受注したかわかりゃん達人がありました。
戦士入り迅速な三悪魔。
サンマカードを入手するのも、人を誘うのも面倒なので、
キャンセルして、迅速なラズバーンにチェンジ。
それいけ、魔法使い!
1
テンプレとかに縛られず、好きにやるのがいいよね。
自分が魔法、サポは僧侶、バトマス、盗賊で。
2
最後は近接一騎打ちで無事、クリアしました。
痛恨がつらいラズバーン対策に、
最初だけムチ持ってスパークショット。

ただの脳筋魔法使いとは違うのです。
妨害工作も得意な魔法使い。
ラズバーンを倒して、調子に乗り、
そのままイカ1とだっくん2にも魔法使いで行ってきます。

戦士、占い、魔法、僧侶という構成で。
真ヤイバが1人しかいないので、用心が必要ですが、
そこも妨害魔法使いががんばる!
4
ヘナトス2段がけ!
ムチに持ち替えてからの、暴走ヘナトスがスパッと決まります!
手順が面倒なのが欠点ですが、敵の大技の隙を狙います。

真ヤイバとヘナトスが同時に入ってることもよくありました。
真ヤイバの効果が切れると
「ダメージダウンの効果切れ」みたいなメッセージが出ます。

でも、攻撃ダウンマークは付きっぱなしだったので、
ヘナトス効果は別に続いていたみたいです。
ヘナトスは重ねがけすれば時間延長になりますから、
攻撃力を持続して落とすには意外にいいかも?
5
そんな感じでイカを退治。
無事わだつめました。

そのままの勢いで2だっくん。
6
暴走ヘナトス!
7
ぶきみな閃光で魔法耐性ダウン。
8
で、メラガイアー!
9
テンペストに合わせて、災禍アンドメラゾーマ!

だっくんも見事に倒してゼリーもひんやり。
魔法使いの存在感も発揮できて、非常に喜ばしいです!

強敵にはテンプレ構成、流行がありますが、
好きな職、得意な職で活躍できればもっと楽しい。
流行りじゃないけど、
もっと魔法使いを頑張りたくなった居残り組でした。

そこで一句
雷鳴をひらり切り裂くメラゾーマ
かっこいい自分を夢見るうー川柳

net

ひまー、ひまーと騒いだから。
というわけでもないと思いますが、
久しぶりに常闇に便乗させてもらいました。

イカ1、だっくん2とお手軽レベルだったので、
戦闘のリハビリもかねてます。
何しろ最近は、
右手左手とブラックベジターくらいしか戦ってませんから。

前回イカに行ったのは7月の28日。
ほぼ1ヶ月ぶりです。
そのときはパソ不調の頂点。
固まって回復しない僧侶でパーティーを全滅に導きました。

「復活のうー」とは言いましたが、
イカを倒してこそ真の復活。
あの日と同じく僧侶で挑みます。
6
パソも軽々。雷も痛くない!

1イカの割に回転アタックが多くてふっとんだ件、
威圧の射程距離を見誤って2度も喰らった件など、
反省点は多々ありますが、
パソのコンディションとしては上等でした。
7
ホーリーライトで攻撃する余裕までみせます。
1イカだと動きが雑になっちゃうのが問題ですが、
常闇は楽しいなぁ。

ついでに2だっくんも討伐。
テンペストのタイミングを忘れて死にかけましたが、
まあ雑な感じで勝利。
8
これで安心して眠れるというものです。
あとで、宝珠いじりを忘れたことに気づきましたが、
まあよかろうです。

今日の一句
にもぱんや レグナライトを持て余す
そろそろマスクでも作りましょうかのうー川柳

net

キッズタイマーになったり、暑かったり、眠かったりで
最近イン時間が減っています。
それに伴っていろんなティアでやることもおサボりなんですが、
その1つ、常闇参りに超久しぶりにいってきました。

イカとだっくんがそれぞれ1と2の強さだったので、
リハビリにはちょうどいい?
そんな軽い気持ちでゴー。

イカは序盤にもたつきますが、まあなんとか。
1
イカものけぞるタイガー。
2
さほど意味もなくサイクロンアッパー。
もちろん、要所でライガーもぶっぱします。

イカのいやらしい攻撃の1つがすみはき。
中でも構えた方向から急に振り向くパターンはサイテーでした。
3.5後期から急な振り向きに調整が入ったと読んだ気がします。
果たしてどうかな、と気にかけて見ていたのですが
戦った感じは素直なイカでした。

ちょっと油断しすぎて追い込まれたりもしましたが。
3
手前のわたしのリボンがヒョウモンダコみたい。

まあ、イカは久しぶりでもそれなりでした。
問題はだっくん。

プレス連発あり、
連続召喚でレーザーだらけ。

眼前のだっくんでなく、
前後左右のレーザーまで見なくてはならず
でも、見れるわけもなく。
ぷちゅん、ぷちゅんと貫かれること数秒おき。

あまりに死にまくるせいで、バイキをもらってもムダヅカイ。
持ち味の攻撃力もヘボヘボのまもの使い。
4
ツメがあまりに不調なので、気分一新と放ったビッグバン。
ダークシャウトと打ち合いになったので、
効いたのか効かなかったのか。
5
全身全霊切りも試みましたが、ダメダメ。
だっくんは涼しい顔のままでした。

数度の全滅を経て、なんとかの勝利。
うーん、かなりひどい有様でした。

せめてもの慰めはわだつみもゼリーも貰えたこと。
でもこれはきっと常闇の同情ドロップ。

今度は実力で奪い取りたいと思う居残りうーでした。

PSの衰え忘れ 爪のせい
悪いのはツメ!と言い張りうー川柳

net

このページのトップヘ