ドラクエ10居残り組ブログ

タグ:宝珠

5周して全くでなかった護法の技巧宝珠。
確かにわたしはヤリスキル150までしか振ってません。
それでも欲しいものは欲しいのだー!

ということで、またまた4諸侯へ。
お誘いいただき、即答でのっかり6周の旅です。
no title
こないだは忘れかけてた踊り子ですが、今回は違います。
もうタナトスだけじゃない!
他の特技もこなせる、できる踊り子のはず?
1
スリープダガー、ヴァイパーファングも技巧宝珠をしっかりセット。
2
荒神の舞の閃きでテンションもあげあげにゃ!

最初はしぶちんで宝珠も出ないし、宝箱も破片だらけ。
どういうわけだかドレアを変えたら、現物もゴロゴロと!?
4
迷宮で預かり所が出てきてくれたので、にもぱんも解消。
ついでにテリーに余ったカードを押し付けます。
3
結果、ギコー宝珠3玉が出てくれました!
通算11周で3玉1個・・・・・・・?
計算したら負けのような気がします。

その後は災厄にもチャレンジ。
まだまだ踊り足りないのでそのまま踊り子で!
5
6
7
踊ってるうちに討伐すんでました!

基本後衛職が多いわたしですが、たまには前衛でガンガンも楽しい。
踊り子は支援も得意なので割と合ってる気がするんですよね。

ということで一句
勇ましき舞の花 光轟け ノリノリでうー川柳
net 

善戦およばずー・・・
1
前回も赤まで行って、今回も度々あと一歩まで追い詰めましたが
3だっくんに勝てませんでした。
なんというか最後の1ピースがはまらないパズルみたいな感じです。

メンバーそれぞれ基本的なことはできてるし、やってるはず。
でも、それがうまくはまらないとちょっとのきっかけで逆転されてしまいます。
これが3だっくん、4だっくんの怖さですねー。
しっかりパーティーの動きを見て合わせるように動く。
そんな自分の余裕も大切だと思いました。

さて。
ザオラルの戦域が思ったより便利!と書いたところ、
この宝珠もいいよとアドバイスをいただきました。
ということで早速またもや宝珠ハンティングです! 続きを読む

倒せど倒せで出ない勝どきMP回復の2玉宝珠。
気軽に始めたら悪夢の始まりだったというのが一昨日の記事
討伐数600を越えたけどまだ出ないという話でした。

翌日もコツコツサイコマスターを倒し続け討伐数は800オーバー。
やっぱり出ません。
ついにリンジャの塔3Fにルーラストーン登録をしましたが、やっぱり出ず。

勝どきMP回復2玉の探し続けるシリーズ3日は、
ついにサイコマスター以外にも手を伸ばすことにしました。
まず最初に倒すのはこいつにゃ!
1
大きすぎて、上半身が切れてしまいました。
エルダードラゴンです。続きを読む

本題とは関係ない写真から。
1
先日の邪神でホーリーライトを放つ瞬間です。
止めを狙いに行ったのですが、残念ながら叶わず。
邪神の更新ももうすぐですねぇ。

さて、今日のテーマは宝珠ハンティングです。
最近だっくん対策でいろいろ宝珠をいじってます。
すると既に持ってた宝珠でも形が合わないなんてことも。
そこで、一念発起して2玉宝珠を取りに行こうと思い立ちました。
これが悪夢のはじまりにゃ・・・。
 続きを読む

最近Twitterのノリが恐ろしい・・・
本気とも冗談ともつかない話題にあっというまに人が集まり決定事項に・・・・

先日のヤリ同盟(ヤリ僧で災厄、ヤリ職でドレアム)もそんなノリでしたが、
今度は弓職限定でドレアムに行くようです。

ということでとりあえず宝珠集め。
ターゲットは君だ!
1
れんごくちょうくんです。
今回狩りに出かけたのは偽ジャイラ密林。D5あたりにいっぱいいました。
狙うはシャイニングボウの宝珠です!
M1

続きを読む

いつもチア衣装で登場してますが、今日は自前のドレア。
魔法使い、賢者用の精霊王装備です。
1-1
新武器の価格がだいぶ下がってきて手が届くものも出始めました。
ということで、さっそく購入しました。
ジャジャン!
1-2
万物流転の杖!
いつもは1箇所失敗付きを買うのですが今回は初めてのALL成功品です。
2
他の職業でなく魔法使い用に杖を新調したことでもお察しいただけるように
魔法使いは思い入れのある職業です。
出動機会は多くないんですけどね、いつでもスキルしっかりふって待機してます。

で、魔法使いをやるなら宝珠も充実させたいところです。
メラ系、イオ系、ヒャド系の宝珠で各々最大5%威力アップができます。

5%って少なっ!と思います?
細かい計算は割愛しますが、
攻撃魔力700の魔法使いの5%アップメラゾーマのダメージは、
攻撃魔力を742の魔法使いと同じくらいです。

攻撃魔力42なんて簡単にはあげられないですよね。

ということで(前置き長すぎ!!)メラギラ宝珠を取りに行きます。

続きを読む

このページのトップヘ