ドラクエ10居残り組ブログ

タグ:釣り

本日は平常運転でお送りします。

「え、これだけ?」と視聴者のドギモを抜いた、
とどこかで言われている3.5後期ニュース。
後期の後期情報は、夏祭りでお伝えみたいらしいので、
もうちょっと何かあるようです。

で、後期の前期で追加されるコンテンツの1つが
新種のサカナと釣り景品。
ノーマル90種、ビッグ65種、キング35種で
小中大の球型水槽がもらえるそうです。

ふむふむ、今何種類釣ってたかな?

ノーマル85、ビッグ71、キング37でした。
ノーマル90は追加される魚を釣らないとダメですが、
現在釣れる分は全部コンプしておく必要があるっぽい。

そこで残る1つを尋ねていってきました。
1
狙いは嵐の領界のプなんとかというヤツ。(もう調べるのが面倒・・)
以前氷改の竿と天使のルアーで逃がしてしまったので、
今回初めて炎改の竿ととげとげルアーを購入しました。
2
炎の竿は1回だけ、すごい力で引くことができます。
とげとげルアーは魚が暴れてもくいつき度が減らないことがあります。

今度こそプを逃がさない!と強い決意を固めたので、
竿もルアーも★3を買おうと思ったんですが、超高い。
氷の1.5倍くらいするんですが・・・・。
セットで30万G超えそうなので、★2で妥協。

で、その効果やイカに。
3
なんと1投目でドワーフグラミーのキングサイズ!
さすが炎とトゲルアー?

たぶん関係ないですが、幸先いい感じ。
2投目!
4
アユのキングサイズ!!??

これは絶対何かが憑いてる!
今日こそ釣れる!

えーと。

とげとげルアーですが、
2回は暴れられてもくいつき度が減りませんでした。
3回目が大丈夫なことも数度ありました。

ガーンとでっかい暴れ方をする巨大魚には心強いですね。
ドワーフグラミーとアユしか釣れなかったのでわかりゃんですけど!!

20投ほどやって見事に小型魚ばかり。
誰かがここで釣り大会でもしたんじゃないですかね。

でも、使ったことのない竿とルアーで新鮮に楽しめた釣り。
今日こそはプを釣り上げてやりたいものです。

そこで一句
お魚も ネタが尽きたか 色違い
新種4つはアロワナの別種だそうですよ・・・

net

いつかやろう、いつかやろうと思いつつ、
後回しになっていた嵐の領界の釣り。
おもーい腰をあげてようやく行ってきました。
1
腰がおもーい理由は釣り道具が高いから。
新種のさかな(さかなじゃないけど)を釣り上げるには、
最高級の竿とルアーが必要です。 
竿もルアーも☆3になると9〜10万Gコース。
合わせて20万Gですよ・・・・

しかもだいたい釣り場にはお目当ての新種の他に、
道具の使用回数を減らしてくる雑魚が数種います。
20万Gで50回ですから、1回あたり4,000G。
4,000Gかけて雑魚ばかりかかっては泣けてきます。
2
かつては金策としてもそれなりに成立した釣りですが、
素材価格は下落、道具は高いで金策としてはダメダメな気もします。
もはやただの趣味。
そこに新種がいるから釣る! 
いざ嵐の領界へ!!
ピカ!!!ゴロゴロゴロ・・・・・
3
続きを読む

マグロロスから2日経った夜。
ローヌ樹林の崖に佇む釣り人あり。
1
旬のマグロに敗れた悔しさを旬じゃないマグロにぶつける!

旬のマグロは広いアストルティアの中でも
たった3箇所でしか釣れないという器量の狭さを発揮していました。
でも、旬じゃないマグロは違います。
あちこちで釣ることができ、レア度も生息場所で異なります。

例えばグランドタイタス号では☆4ですが、
ここローヌ樹林帯では☆2。
仇打ちなら☆2の場所が好ましい。
ザクザク釣り上げ、金の旬じゃないマグロをゲットする。
これが旬のマグロへの復讐のストーリーです。

さて。

とは言ったものの、釣りシーンは写真に撮れないので途中割愛。
2
結果はこのビッグな旬じゃないマグロどまりでした・・・
ツインテールの日だったそうで、サンビタリアちゃんと記念撮影。
旬のマグロに比べるとビッグサイズでも随分小さいですね。
でも、絶対こっちの方が美味しいと思います。

そうさ。小さくたって美味しいんだ!
食べられない巨大マグロよりも美味しい普通のマグロ。
なぜわたしたちはその真の価値に気づかなかったのでしょう。

明けて節分は恵方巻きの日です。
美味しい赤身を使った海鮮恵方巻きなんてステキですね。
20170202-2259_366124414
マグロロスから立ち直ったので海賊を倒しておきましたとさ。

そこで一句
恵方巻き 冷凍マグロが刻む節 
マグロの旬は春から夏らしいですよ?とうー川柳

net

長いようであっという間のマグログランプリが終わります。
始まる前はまさか自分が200位にはるか届かないとは夢にもおもわず、
マンタドルボードの乗り心地と賞金の使い道を算段していたのはいつものこと。

初日に1,295cmを釣りあげ、
この調子なら最終日頃には1,700cmくらい釣れるはずと思いました。
1
結局1,300cmの壁を越えられず、
初日のサイズが自己最高になってしまいました。
2
この憤りはそこらを闊歩するスライムつむりにぶつけるしか・・

スティックのうーぺちでヤられるという、
モンスターには屈辱的なトドメのさしかた。
ついでにこいつもうーぺちで倒してやんよ!
3
実はちょっとアクセ完成させたい欲がムクムクと出てきています。
3戦して2勝1敗でした。

それはさておき。
短時間でも楽しめるマグログランプリ。
なかなかいいイベントだったんじゃないかしら。
今回は第1回フィッシングコンテストだそうです。
早くも第2回の開催を期待しつつ待ちたいと思います。

そのときはぜひツスクルやランガーオをお願いします!

そこで一句
旬マグロ 小物打ち捨つ生臭き 
大量の旬マグロの処分方法が気になるうー川柳
net 

それでは次のニュースです。

アストルティア漁業協同組合、
アス漁協が新たなアストルティア名物にしたいと意気込む
旬のマグロの大群が観測されました。

旬のマグロの大群が観測されたのは、
コルット地方、ラニアッカ断層帯、プクレット地方で
多くの釣り客で賑わいました。
1
旬のマグロは通常のマグロとは異なる品種で、
一般的なクロマグロの数倍もの大きさに成長することで知られています。
その大きさの割に、釣りの初心者でもカンタンに釣ることができることから
アス漁協では初心者の方でもどんどん釣ってレベル上げに励んでほしい
と語っています。

ただその身は大味で傷みやすいため食用には向かず、
お魚交換のレートはかなり低くなっています。
そのため釣った旬のマグロを浜に残して帰る人も多く、
釣り客のマナーを問題視する声もあがっています。

この時期だけの旬のマグロ釣り。
マナーを守って楽しみたいものですね。

続いても旬のマグロ関連のニュースです。
旬のマグロ観測地近くの集落では釣り客による好景気に沸き立っていますが、
その釣り客を狙う悪質商法への苦情が増えています。

その内容は旬のマグロが釣れない場所の観光パンフレットに
旬のマグロの写真を掲載するというものです。

例えばこのパンフレット。
ツスクルの橋の上で旬のマグロを撮影することで、
ツスクルの川でも旬のマグロが釣れるかのような印象を抱かせています。
2
 写真の脇には極小の文字で
「この魚はイメージです」
と書き添えられていますがかなりわかりづらく、
ツスクルでも旬のマグロが釣れるのではと訪れる釣り人も少なくないとのこと。

パンフレットを作成したツスクル広告社代表のウールーズ氏は、
「川でマグロが釣れないことは誰でも知っている。
勘違いする人がいることは到底予見できなかった」 
 とあくまでも誤解を狙ったものではないことを強調しています。

ただ関係者の証言によるとウールーズ氏は、
「ツスクルの川にもマグロを放流しろ」
とアス漁協に再三申し入れしていたとの証言もあり、
先走って作ったパンフレットを誤解覚悟で使用した詐欺罪も視野に
捜査当局が情報を収集しております。

最後に視聴者から寄せられた今日の川柳です。
飛沫あげ宙舞うマグロの勇ましき ツスクル小学校ウールーズさんの作品
net

このページのトップヘ